2006年02月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. Terrible two の水疱瘡(02/28)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Terrible two の水疱瘡

2006.02.28(10:46)
娘が金曜日の夕方から水疱瘡を発症しました。
「ついにこの日がやって来たか」という感があります。

水疱瘡は子供だけでなく大人にも感染する恐れがあるので
基本的には母子ともに自宅に缶詰、を余儀なくされます。
コレ(1対1で缶詰)こそが私の恐れていた事態で、
かなり前から心の準備だけはしていたのですが……
いざ、その日を迎えてしまうと心の準備は崩れ去ってしまい(泣

言葉を覚え始めて(とはいえ、意思の伝達能力は発展途上)、
きかん坊で、クソ小生意気な(お下品な表現で失礼)2歳児を
アメリカでは「Terrible two(恐るべき2歳児)」と
表現することがあるそうです。
(日本でも“魔の2歳児”といいますね)

そんな2歳児、しかも病気で赤ちゃん返りした2歳児と
サシ&缶詰の日々は……いくら母親でもキツイです。
特に私は母性が希薄な人なので余計に。
(今はあるだけの母性をかき集めて、どうにか踏ん張っている状態)

終日グズったりテンション高く騒ぐ娘&叱る母の煩さに、
かなり我慢強いはずのブリッツェンも参っている様子。
クッションに転がって半目を開き、悟りの境地に達している模様です。
(最近また生意気になっていて私とバトルを繰り広げたりする
こともあったのですが、ここ数日はグッタリしています。
あまつさえ、私にベッタリと甘えてみたりもする始末。
……お前も相当参っているのだね、ブリよ。)


水疱瘡は子供によりますが1~2週間で外出可能になるということ。
わが娘が1週間で治る組であるよう、祈ってやみません。
スポンサーサイト

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

ミンガモ

  • Author:ミンガモ
  • 狼犬・ブリッツェンと蛇と魚、そしてコドモの織り成すドタバタ悲喜劇な日常を、母の視点から淡々と語ります。2009年秋から2ニャンコが加わり、一層にぎやかになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。