2007年05月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 続・料理づいてる(05/03)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

続・料理づいてる

2007.05.03(18:50)
昨日に続き料理づいてる話を。
鮮度が落ちない間に魚を食べなくてはいけないので
嫌が応にも料理づいてしまうのです。本当はちょっと面倒くさいと思っているのですが。

面倒臭いとは言いながら、沢山の瞳に見つめられると
「お前たちの命、無駄にはしないよ」と頑張ってしまうわけです。


「残さず食べてね」
おうともよ!




アナゴの頭でツメ(煮アナゴに塗る甘辛いタレ)を作りました。


そう。
アナゴ→焼アナゴ(煮てからサッと焼く)に。
カサゴ→煮付けになって頂くのです。



私の盛り付けがマズくて盛り付けがズレました……
でも、味は美味しかった! ものすごく身が締まっていました。



アナゴは「いただきます」の挨拶の後、一斉に箸が伸びて
食べかけの写真になってしまいました(恥
これは娘が虜になっていました。おいしかったもんね。


もうひとつのお楽しみ。


アナゴの頭、です。
ツメを作った後のアナゴの頭も、もちろん捨てずに食べます。

作家・太宰治と親交の深かった壇一雄氏のエッセイによると
アナゴの頭は太宰の大好物だったのだとか。
そんなエピソードに思いを馳せながら
ガリゴリとアナゴの頭を齧る私。酒がすすむ一品でした。


これで魚料理は一段落。あとはイカを残すのみです。
ちなみに我が娘は断然、肉より魚派です。
どうして肉より魚が好きなの? と聞くと、決まって
「だってお魚はおいしいから。甘いから」と答えます。
新鮮かつ丁寧に下ごしらえをした魚は確かに“甘い”。
3歳児に教えられることって、結構沢山あります。

---
おまけ。今日のおやつは


わらびもち、でした。

牛乳とかたくり粉でできる、簡単シンプルなおやつですが
ダンナ・娘ともにヒットだったようです。
(きなこが苦手な私はパス)
牛乳が一切ダメなダンナが「全然平気」という位なので
牛乳嫌いな方も大丈夫だと思われます。
スポンサーサイト

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

ミンガモ

  • Author:ミンガモ
  • 狼犬・ブリッツェンと蛇と魚、そしてコドモの織り成すドタバタ悲喜劇な日常を、母の視点から淡々と語ります。2009年秋から2ニャンコが加わり、一層にぎやかになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。