2008年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 許し難い行為……(01/31)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

許し難い行為……

2008.01.31(12:20)
お友達のApimamaのブログに紹介されたことで知った事件。
コスタリカのアーティストを名乗る男が
『犬が餓死するまでをアートにする』として
美術館の“中”で、犬を短い綱にくくりつけたまま餓死させたそうで。
さらにえげつないのは、美術館で“展示”された“作品”だけに
ギャラリーもたくさんいた、ということ……。

どうして誰も助けようとしなかったのか、ね?
(実際は助けを求めたひともいたらしいが、男に拒絶されてそのままに。)


そら恐ろしいことに、この自称アーティストの作品は評価されている(!)らしく
次回、ホンジュラスで行われる予定のビエンナーレへの出展も予定されているそう。
この事件を探ろうと、他のサイトもあちこちのぞいていたら……
さらにとんでもないサイトを見てしまいました。

REALTOKYO
Out of Tokyo 179:犬と鼠

リンク先には一部目を覆いたくなるような画像が含まれます。
 ご注意のうえクリックしてください。



もう、何というか…………
めまいと吐き気を抑えられませんでした。ていうか、吐いた。

注意書きのせいで上記URLをクリックできなかったかたのために、概要を。
チン↑ポム(Chim↑Pom)という会田誠門下のアーティストユニットが
「夜中に渋谷センター街に出かけてクマネズミを狩り、
水に沈めて殺した後に剥製にし、黄色く染めて「ピカチュウ」にするというもの」
を『スーパー☆ラット』と名づけてアート『作品』として展示したものの写真があります。


私も人並みにアートや芸術といった類のものには興味を持っているし
素晴らしい、と素直に感動する作品に出会って幸せな気持ちになったりもしました。
アートとは何ぞや? という禅問答みたいなことをするつもりはないし
(私はそれほどアートに関する造詣が深くないので)
全アーティストを否定するつもりはありません。

ありませんが……

アートを勘違いしている人、多すぎませんか?
反モラル=アートではないはず。
生き物の命を奪わなくては表現できないアートって何でしょう?
そこまでして表現しなくてはならないものってあるんでしょうか?
そんなに意味のあるものですか??

餓死させられた犬については人間の傲慢さ、
殺されてペイントされたネズミについては
モラルのかけらもない人間の悪ふざけしか感じられません。ましてやアートだなんて!


私が一番信じられないのは、上記の“自称”アーティストの行為もですが
これらの『作品』を評価している人間がいる、ということです。

リンク先のREAL TOKYOのコラムを書いたかたの肩書きはたいそうなもので
社会的地位もあるかたのようですが、その人が

「チン↑ポムが『スーパー☆ラット』で発表したのは「鼠を虐待する作品」と言えなくもない。」
だの
「このふたつの「動物虐待」作品、僕は圧倒的にチン↑ポムのほうが優れていると思う。」
だのとご自分の意見を文章化して(掲載前には校正もしているだろうから
書き間違いではないのでしょう)いることに呆れ、憤りを感じます。イカレテル。

優劣の問題じゃないだろう?
「言えなくもない」じゃなくて、はっきり虐待だと思わないのか?


すでに殺されてしまった、かわいそうな犬とエセピカチュウに
してやれることは残念ながらもうないけれど、再発を防ぐ手段はあるようです。
先に紹介したApimamaのブログに、コスタリカの自称アーティストの男が
出展しないよう求める署名があるようです。
言葉を持たない動物のために、言葉を持つ人間ができることをしたいと思います。
スポンサーサイト

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

ミンガモ

  • Author:ミンガモ
  • 狼犬・ブリッツェンと蛇と魚、そしてコドモの織り成すドタバタ悲喜劇な日常を、母の視点から淡々と語ります。2009年秋から2ニャンコが加わり、一層にぎやかになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。