2008年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 慈しむ心は(04/28)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

慈しむ心は

2008.04.28(17:13)
夕方のニュースでひどい事件が報道されました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080428-00000023-yom-soci

水戸市でハクチョウとコクチョウの成鳥が
棒か鈍器のようなもので殴り殺されたとのこと。
それも、現場となったのは梅の名所・偕楽園がある
市民の憩いの場といえる場所だそうです。

ここのハクチョウやコクチョウは人間に餌付けされて
いるため、人間を怖がるどころか寄って来るのだそう。
今は産卵期なので卵を抱いている鳥もいるのですが
ニュースでは植え込みの根元に作られた巣に
卵だけが転がっている画や
大量の出血痕・散らばった羽毛とともに
グチャグチャに割れた卵が映し出されていました。

湖には孵ったばかりのヒナと泳ぐ親鳥。
餌をやる親子連れ。
あまりのギャップに目を覆いました……。

この手の事件、実はこの地域だけでも
3月から連続して発生していて数十羽の鳥が
無残に殺されているのだとか。
人間を疑うことを知らない生物を殺す
卑劣な行為が許せません。


動物愛護法って何だろう?
命を慈しむ心はカケラも持ち合わせないのでしょうか?
やっと咲いた花が切り落とされる事件も続きますが
どうしてこのような事件が耐えないのでしょうか。
惨殺された鳥たち、生を受けることができず
冷たくなっていった卵たちの冥福を祈るばかりです。


スポンサーサイト

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

ミンガモ

  • Author:ミンガモ
  • 狼犬・ブリッツェンと蛇と魚、そしてコドモの織り成すドタバタ悲喜劇な日常を、母の視点から淡々と語ります。2009年秋から2ニャンコが加わり、一層にぎやかになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。