スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

お出かけしたこと。絵本のこと。

2007.07.09(13:18)
昨日の昼はダンナと子供に留守番を頼み、
某ゲーム会社勤務時代のお友達(先輩? 上司?)がたと
代官山のモンスーンカフェに行ってきました。

店の入り口で迎えてくれたカメ。



ダラダラと流れる時間とザワメキにしばし日常を忘れました。
息抜き、息抜き。
女3人集まってのマシンガントークも楽しかったです。
また行きましょう!

---
話変わって。
私は生協の宅配をお願いしているのですが
生協のカタログには結構子供向けの商品がたくさんあります。
そのなかでも絵本類は充実していて、セレクトには力を入れて
いるようだし、定価より安いとあって時々利用してきました。

今までは写真モノや正に“絵”本ばかり買っていましたが
子供もそろそろ知恵が付いてきてストーリーや仕掛けものを
望むようになってきました。そこで悩みが生じたのですが……



生協セレクトの絵本を読んでやるとなると、
私が泣いてしまうのです


……。
…………。
……………………。
ブリが心配して様子を見に来てしまうほど泣くって、一体。



カタログの紹介文(あらすじの触り)を読めば、
その絵本のだいたいの内容が判りますよね?
単なる感動モノならまだ良いのですが
例えば『チロヌップの きつね』のような
哀しく、どこにも向けようのない怒りを覚える内容となると
もうダメです……。涙もろくって困ります。
号泣してしまって読み聞かせどころではありませんorz

とはいえ、愉快な話ばっかりで固めてもナーと思ったりも。
世の中ハッピーエンドばかりじゃないのだし。
今の私は絵本のセレクトに非常に悩んでおります。

---
余談ですが、上記の『チロヌップの きつね』について。
このお話が実話だと知ってショックを受けました。
一見、戦争とは直接関係なさそうに思える幸せな狐の一家に
降りかかった戦争の余波と不幸に自分の考えの浅さを見た気がします。
今、じわじわと戦争賛成に向かって動いているように見える
世論、日本ですが、今一度立ち止まって
この絵本のような身近な実話に耳を傾ける時なのではないか?
と思うのです。戦争の一番の犠牲者は一番非力な者なのです。

この物語は小学校3年生の国語の教科書にも
とりあげられているのだそうです。
どうか、このおはなしを学ぶとき
先生も、子供たちも真摯に向き合って欲しいと願います。

昔読んだ絵本『てぶくろを かいに』で最後に母ぎつねが言った
「ほんとうににんげんは、いいものかしら。
 ほんとうににんげんは、いいものかしら。」
ということばに胸を張って「はい。」と言えるように
なりたい。『チロヌップの きつね』を知ってから
ますます、心からそう思います。

---
チロヌップの きつね』もそうですが、
『ごんぎつね』などきつねが主人公になる童話は
なぜか哀しい結末が多いような気がします。
(土佐の昔話にもきつねが主人公の哀しいお話があります)
スポンサーサイト

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
<<さんぽっぽ | ホームへ | 忙し楽しい一日>>
コメント
たまプラのモンスーンカフェには行ったことあります。美味しかったー♪

私は子ども達には悲しい本は読んであげませんでした。幼稚園に入ってから読み聞かせ等で出会ったみたい。劇で『ごんぎつね』やったり・・・!!!
でも一冊だけ!長女が本屋さんで嫌がる私に買ってくれと泣いてせがんだ『大きな木』あれは悲しい結末が見えていたので、読む前に「ママは1回しか読まないよ」と言って、号泣しながら読み、そのまま封印しました。大きくなってから自分でも読んでみて「何であんなに欲しかったのかわからない」って…(T_T;)
【2007/07/10 01:11】 | クリママ #- | [edit]
僕もこの手の話は必要だと思うのですが
絵本ながらに大泣きしてしまいますね(^^;
最近は体調に悪そうなので近づかないようにしていますが・・・
この手の絵本を子供に読み聞かせることも必要なんでしょうけど
まず間違い無く泣きながら読んでしまいそう。
それも子供の為には良いことなのかもしれませんけどね。
【2007/07/10 04:43】 | ルナパパ #99DFA69w | [edit]
クリママさん
たまプラにもモンスーンカフェがあるのですね^^

悲しい本は読まなかったのですか~なるほど。幼稚園の劇で「ごんぎつね」はキツイですね~!!
『大きな木』は検討候補に入っていたので私も内容を知っています。あれは受け取り方がちょっと難しいですよね。その本を泣いてせがんだお嬢さんはスゴイ!?

ルナパパさん
読み聞かせる側が号泣してはシラけてしまうのですよね~(^^; そこも難しいところです。
絵本を読むようになって(子供ができるまでは全く興味がありませんでした)わかりましたが、シンプルな文章と絵なだけに、哀しい内容はストレートに涙腺にきます。そのぶん、ほんわかした話なら直接その雰囲気も伝わってくるのですが。

今朝、保育園の担任の先生に相談したら感受性を伸ばすなら、と『やさしいライオン』(http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=131)という絵本を紹介されました。
「もう少ししたら子供たちに読み聞かせようと思ってます。でも、このお話を読んでいると必ず胸が詰まってしまうんですよー」と仰って。
なるほど……とその場で読ませて頂いたら、喉が詰まるどころか号泣でした(苦笑)
先生も驚かれたようで「お母さん、大丈夫?」と。私は涙腺がことのほか緩いようなので絵本を読む場所は厳選しなくてはならないようです。
【2007/07/10 10:33】 | ミンガモ #bMCV.Ml6 | [edit]
はちのすけ家のいなばです。
うっかり仕事中に「チロヌップの きつね」の説明を読んで、職場で泣くという暴挙に出てしまいました。
絵本、泣けますよねぇ。特に動物系には弱いなぁ。
【2007/07/10 16:00】 | いなば #- | [edit]
お話うかがってるだけで泣けてきました。
やばいですね。読み聞かせで号泣する派です。

親が本やテレビをみて号泣するとこどもはどんな気持ちになるんでしょうか?うちの親は子供の前で泣いたことがなかったのでわかりません。。。
【2007/07/10 16:18】 | じゅん田 #- | [edit]
子供の頃本が好きで
色々読んでいました
その中で「かわうそ」かな?
出てくる話があるのですが
あれを読んで理不尽に感じた
事を思い出しました
感想文を書き先生に提出して
帰ってきた先生の言葉に
がっかりした事があります
絵本や童話って残酷なものがありますよね
【2007/07/10 17:03】 | 刹那 #QXRaNfI. | [edit]
こんにちは。
うちの娘は小学校2年生なのですが、小さい頃から絵本は図書館で借りて読み聞かせしてましたね~。
私自身、子供の頃絵本を読んでもらった記憶が一切なく“本”と言うものと接触せずにいたのでいまだに本は余り読まないんです。
私とは逆に主人は大の本好き・絵本好き!
小さい頃から本が大好き!と言う主人を見ていると娘も本が好きになってくれると良いな~と思って良く借りたし買いもしましたね。
私は圧倒的に楽しいお話&感動ものを選んでいましたね。
こんな世の中なのでお話だけでもハッピーなものにしたくて。

本好きな主人の一番のお気に入りは
“おおきな木:作シルヴァスタイン”です。
考えさせられる本です。
【2007/07/10 23:38】 | KAZUKO #- | [edit]
みなさん、色々とご意見をありがとうございました。私は割と思い詰めるタチなうえ、考えが偏りがち(ダンナ談)なのでみなさんからのご意見が本当にありがたいと感じました。今後の娘への絵本セレクトの際の参考にさせて頂きます。

いなばさん
職場で見ちゃいましたか……まずいことをしましたね!(笑) 泣いてしまう事必至ですものね……
何の罪もない動物が人間の巻き添えになる話ほど、申し訳なく辛い気持ちになる事はありませんね。哀しさと怒りを感じる話です。

じゅん田
うん、貴女も絶対に号泣派だと思う。絵本はストレートに心に訴えかけてきますものね。

私の親は厳格で怖かったのですが、戦争の話に触れるときだけはいつも涙をこぼしていました。普段の鬼のような(!)両親からは想像できない姿だっただけにとても居心地の悪い思いをしたことと、それだけに戦争の恐ろしさを身に沁みて感じたことを覚えています。

刹那さん
かわうそが登場する絵本はいくつかあるようですが、どれなのでしょうね? (現代では絶滅危惧種のかわうそが昔は絵本の題材に使われるほど身近な存在だったということが驚きです)
教師の評価にがっかり、というのは私もよくありました(苦笑)読書感想文を「先生の気に入るように書くか、自分の気持ちをそのまま書くか」と悩んだ事を思い出しました。

KAZUKOさん
私は忙しい両親に代わって祖母に世話をしてもらっていたのですが、昼間は自分で黙々と図鑑を読み夜は祖母に口伝えで昔話を聞かせてもらっていました。その関係でか、創作絵本にはなじみがなく、今でも抵抗があるんです。
「こんな世の中なので」のご意見、胸にささりました。

本っていいですよね。私は自分がそうしてもらったように、娘にも「本だけは買い惜しみしない」ようにしたいと思います。『おおきな木』は大人向けという意見もあるほど深い本だそうで、一度手にとってみようと思います。
【2007/07/13 16:39】 | ミンガモ #bMCV.Ml6 | [edit]
親の方が泣いてしまう絵本なんてあるんだね。
悲しい絵本、将来私は読んであげられるのかなぁ・・・
NHKの教育テレビでもお話をやっているけど、結構残酷な結末のものも多いよね。
散々見てて「えっ!?」みたいな。
でも、感性を育てるのには必要なのかもしれないけど・・・
【2007/07/14 00:38】 | JOJO #LkZag.iM | [edit]
JOJO
絵本って意外にもハッピーエンドばかりじゃないんだよね。ハッピーエンドでも途中経過がエグいとか。民話や童話なんかは特に教訓的なものが多いから表現がどぎついのかも? 子供は意外に気にしてなかったりするけど。

>NHKの教育テレビでもお話をやっているけど

そうそう、たくさんあるよね!映像化されると印象も強烈になる……NHKの「こどもにんぎょう劇場」で放映された『パンをふんだむすめ』(You Tube http://jp.youtube.com/watch?v=Z_W0RHWnhao で見られます)は怖い主題歌&救いが無さ過ぎる内容が強烈なトラウマになること間違いナシです。

トラウマにならないように、感性を育ててやれるような絵本のセレクトができればベターなんだよね。きっと。
【2007/07/14 16:26】 | ミンガモ #bMCV.Ml6 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mingamo.blog9.fc2.com/tb.php/140-cf8df5ca
| ホームへ |
プロフィール

ミンガモ

  • Author:ミンガモ
  • 狼犬・ブリッツェンと蛇と魚、そしてコドモの織り成すドタバタ悲喜劇な日常を、母の視点から淡々と語ります。2009年秋から2ニャンコが加わり、一層にぎやかになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。