スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

帰省日記(その3)

2008.04.25(12:46)
宴会翌日、帰省3日目の4/20です。

この日は暑かったーーー!!
朝晩はものすごく冷え込むクセに
日中は汗だくだく。そんな気候です、土佐は。

朝食は「珍しいモン見つけた」と姉が持って来て
くれた“アイガモの卵”を調理しました。
これが、鶏の卵とは違うのです!
卵は大きいし、殻は固くて割りにくいし
色もバラエティーに富んで。
薄緑とかマーブル模様とかあるんです。美しい。
細工物のように綺麗な色でした。
tamago.jpg

味は……ものすごく濃厚です。1個でおなか一杯。
混ぜても混ぜても白身と黄身が混ざらないというか
黄身の濃度が「味噌漬け卵」状態にねっとり。
白身もものすごい粘度です。
でも、おいしかった。ごちそうさまでした。

---
あまりの暑さと連日のハードスケジュールで
バテ気味の私は「終日昼寝」と決め込みたかったけれど
娘の“水族館リベンジ”の熱い心意気に押されて外出。

桂浜に、桂浜水族館という
昔からある水族館があるので行くことに。
(この水族館の歴史は古く、昭和6年に開館した
……と小学校のときに聞きました)


ローカルバスに揺られて1時間。
080420_130454.jpg
バスの床は木製です。レトロ~

海が見えてきました!
080420_130042.jpg
ものすごく真っ青に澄んだ海。
私が見た桂浜の中で5本の指に入る美しさでした。


到着して腹ごしらえもそこそこに、
娘は水族館へまっしぐら。しかし……
080420_140054.jpg
水族館の前にあった海ガメのおもちゃに夢中。
余程気に入ったらしく、水族館へ入れないorz

やっと切符を買って入り口へ……あれ?
チケットチェックの人が居ない?? 勝手に入るらしい(汗
実は、桂浜水族館は万事こんな調子で
生物のお世話をするスタッフはいらっしゃいますが
客に関しては基本ノータッチ。すごいフリーダムです。
普段管理体制バッチリの水族館にばかり行っている
せいか、かなり戸惑うシステムでした(苦笑)


入り口すぐに小さな水槽。「水族館で金魚すくい?」
と思ったら……フィッシュテラピーとのこと。
トルコの魚(ドクターフィッシュともいいますね)に
痛んだ皮膚を食べてもらう、という治療で
テレビなどで紹介されていたのを見たことがあります。

まさかそれが高知で体験できるとは!
アトピー持ちの私は参加したくてウズウズでしたが
娘がやりたい、と言うのでガマンしました。

最初はドキドキだった娘ですが
080420_140546.jpg
魚が寄ってくるとテンション上がります。
080420_140515.jpg080420_140615.jpg
「くすぐったーい」を連発。
手がふやけるまでやりました。


このイベントもスタッフの方は不在。
体験料金の100円(!)は、水槽横の空き缶(!!)に
入れるという“良心市”形式です。
この魚もお金も、持って行こうと思えば誰でも
お持ち帰り~とかも出来そうなくらい無防備なのですが。
誰もそれをしない、悪戯もなし、スタッフもお構いなしとは
何とものどかでいいですね。東京じゃ考えられない。
「古きよき日本の心」が生きているようで
オバチャン、ちょっと嬉しくなりました。
ずっとこのままこのシステムが維持できますように。

他にザリガニ釣り(無料。超手作りの竹ヒゴ竿があって
勝手にザリガニのいる水槽に糸を垂らす。終わったら
自分で片付けるという完全セルフコーナー)や
磯体験(ウニや貝やヒトデがゴロゴロ入っているプールが
あって、自由に手を入れて触れて良いというコーナー。
ウニに触るなんて恐ろし過ぎる~)、なぜかここにも
木製の三輪車などの遊具があって子供はここから
動きたがらず苦労しました。

何はともあれ、ようやく水族館の館内に進めることに。



長くなったので続く。
スポンサーサイト

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
<<帰省日記(その4) | ホームへ | 帰省日記(その2)>>
コメント
空き缶に100円!!無人販売の野菜みたい!
いいね~いいねえ~!こういう感覚が
都会の人々にもあればなあ、なんて思ったり
【2008/04/26 00:17】 | 容 #- | [edit]
容さん
でしょー!?
このやる気の無さ、いや、肩の力の
抜け具合がたまらなく居心地がいいです。
高知の県民性というやつでしょうかね。
東京に住み始めてから地元を再評価する
ことが増えました。
「ああ、いい所だったんだな~」って。
【2008/04/26 16:39】 | ミンガモ #bMCV.Ml6 | [edit]
ドクターフィッシュミンガモさんも体験しましたか?
今よみうりランド丘の湯にも来てます。
三月末~4月始めまでにも来ていたのですが忙しくて行けず、今回は行ってみようと思ってますが、入館料の他に10分500円だって。
【2008/04/27 22:06】 | クリママ #- | [edit]
クリママさん
私は体験していないんです。
娘はとても楽しかったと言っているので
未だにやりたかったな~と思います。
都会ではさすがに時間制限が
あるんですね。
入場者数が多いからでしょうかね。
高知では時間制限どころか料金すら
「自発性」を求めるシステムでしたから(笑)
【2008/04/28 14:16】 | ミンガモ #bMCV.Ml6 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mingamo.blog9.fc2.com/tb.php/197-124c9a04
| ホームへ |
プロフィール

ミンガモ

  • Author:ミンガモ
  • 狼犬・ブリッツェンと蛇と魚、そしてコドモの織り成すドタバタ悲喜劇な日常を、母の視点から淡々と語ります。2009年秋から2ニャンコが加わり、一層にぎやかになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。