スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

帰省日記(その4)

2008.04.26(16:31)
やっと館内に入れた、と思ったら。
娘いきなりグズる。曰く「ペンギンは? イルカは?」。
……水族館には魚を観に来たのではなく
海獣&ペンギンに会いに来たらしいです。

海洋生物全般と海が好きなダンナと
チンアナゴなどの不思議な生態を持つ
海の生物が好きな私(海そのものは大嫌いですが)は
「せっかく水族館にきたんだから、いろんなお魚も
ゆっくり見よう&見させてよ」と言いましたが即却下orz

娘をなだめながら「桂浜水族館に来たらココでしょ!」
的なスポット、ウミガメプールへ。
様々なサイズのアカウミガメ&アオウミガメが
プールの中を悠々と泳いでいて、
希望者は有料(100円)で小魚を購入して
カメに餌やりできるのです。
40歳を越すという巨大なアオウミガメと
遮蔽物無しに対面できる施設は他に見たことがありません。
しかも、ここでの餌やりはなんと割りバシです!
さらに、ここにも常駐スタッフは不在です!
説明と注意は看板のみという豪快さ。
ビバ放任主義!!

ちなみに私は小学生時代に餌やりにチャレンジした際
割りバシをカメにくわえられ、危うくカメのプールに
引き摺り込まれそうになった
……という恐怖体験をしたので、今回はパス。
ダンナが餌やりにチャレンジ、私と娘は見学です。

キビナゴという小魚(生)をハシで持ち、差し出すと……
080420_141607.jpg
カメがワラワラと寄ってきます。
正直、怖いです。
080420_141542.jpg
間違って指を噛まれたら簡単に「チョッキン」ですから。
080420_141646.jpg
大きなカメが独り占めしようとします。
前足で他のカメを牽制します。セコッ!

カメの餌やり(結構命がけ)が終わり、同フロアの
他の魚をゆっくり……はできませんでしたが
駆け足でチェック。ああ~惜しい(涙
自分が爬虫類を飼育するようになってから
それまで興味のなかった水の生物に興味が出て
水族館も結構おもしろい、と思うようになりました。
すると、ただの遠足スポットとしか思っていなかった
高知の水族館がまるで違う所のように見えました!
おもしろい! とにかく、おもしろいんですよね^^
方言(土佐弁)での解説や、土佐湾で採取された魚など
地元密着型なのところも特色があって良いと思います。


娘は早々に魚コーナーを駆け抜けてイルカの元へ。
ショーの合間だったらしく、人は数人のみ。
イルカは自分のプールでボール遊びをしていましたが
娘がプールサイドで手を振るのに気づくとボールを離して
娘の前まで泳いできてくれました!
娘が離れるまで、ずっと目の前をクルクル泳いでくれて
母は感激です。イルカは優しいなぁ(涙
(イルカだけでなく、アシカも同じことをしてくれました。
アシカは手も振ってくれて、私がハートを打ち抜かれました)

---
イルカ・アシカのショー用プールの隣には
ペンギンマンションと称されたペンギンの団地が。
結構な数のペンギンがものすごい声で合唱しています。
繁殖期だからでしょう、明らかに子供もいました。
ここのペンギンは皆、木製の名札(本当に名前が
書いてあります)を装着しているので名前が判ります。
名前を呼ぶと振り向いて寄って来てくれる子も^^

隣にはアシカの住まい&水鳥の住まい。
その囲いから離れて、なぜか一羽のアヒルが
サークルに入っていました。かわいいなぁ、と思ったら

噛みますので触らないでください

と。
ではなぜ、触れるところで低い囲いに入れている?
とよくわからない状態でした。触りませんでしたが。

---
私にとっては桂浜&桂浜水族館=小学校の遠足だったので
懐かしいなぁ~くらいの気持ちで行ったのですが
行ってみて驚いた! 意外にもレアなスポット満載!!

・ザリガニ釣り
・アクアフィッシュテラピー
・海ガメの餌やり
・磯体験
などの参加体験コースから

・ネコザメの卵(孵化直前で卵の中で動いている)
・クリオネ
・アカメ(幻の魚と言われている。目が赤く光る)
・変わった魚の色々、土佐の磯魚e.t.c.
など展示・見学コース。
どれも超無造作にポン、と展示されていますが
都心のデパートや水族館では
客寄せに使われていそうな展示ばかりです。


小規模ながらもイルカ&アシカがショーを見せて
くれますし、コツメカワウソのかわいいカップルや
ペンギン、海獣、水鳥もいます。
海辺の小さな水族館、とされていますが
なかなかどうして都会の水族館に負けていません^^
利用者ものんびり、動物ものんびり、
スタッフもおおらか……いかにも南国土佐らしい施設です。

---
ちなみにダンナが一番おもしろかったのは
巨大な深海魚『リュウグウノツカイ』の実物標本だそうです。
確かに珍しいもんね。
私は何と言ってもコツメカワウソのカップルです。
姉さん女房らしく、オスは昼寝中のメスにじゃれて
クワッ!」と怒られていました(笑)

080420_144050.jpg
昼寝中にちょっかいを出して怒られるの巻。
完全に尻に敷かれているんだそうです。

あと、カワウソの鳴き声を初めて聞きました!
「きゅいきゅい、きっきっ」と言っていました。
やばすぎです。可愛らし過ぎる。
売店でカワウソグッズが売り切れるのが判る気がします。
※このカワウソたちのことは、水族館のスタッフのかたが
 ブログで紹介していらっしゃいます。
 私のヘタクソな写真では可愛らしさを伝えきれませんので
 ブログにお邪魔してみてください。
 桂浜水族館メニューの「スタッフの休憩室」から遊びに行けます。


さて、水族館で癒された後は娘初めての海遊びへ
レッツラゴー!


まだ続きます。
てか、語り過ぎですね。ごめんなさい。



探して見るとたくさんあります、カワウソコレクション。
愛らしい! 愛らし過ぎます(涙)




ニホンカワウソは絶滅したと言われています。
今、私たちにできることは?
これ以上絶滅種を増やさない努力だと思います。

スポンサーサイト

banner_02.gif
人気blog Rankingに参加してみました。
ポチッと応援をお願いします。
<<閑話休題 | ホームへ | 帰省日記(その3)>>
コメント
チンアナゴってムーミンのにょろにょろみたいですよね。前にTVで観た時そう思いました。実際見るとどんなかな。
ウミガメの餌やりも、そんなに危険なのに係の人がいないって…!?(私的にはそんなところがナイスだと)
桂浜水族館のイルカv-518とアシカちゃん、かなり良いコ達です。手を振ってもらったりしたらもう離れられないv-347
名前を呼ぶと寄ってきてくれるペンギンv-289、クリオネ、凶暴なアヒル、カワウソ・・・行きたいなーv-398
【2008/04/27 22:33】 | クリママ #- | [edit]
クリママさん
ニョロニョロ! 本当、そんな感じです。
柄のあるニョロニョロっぽかったです。
だから私、チンアナゴ気に入ったのかな。
ウミガメの餌付けができる施設は
そうそう無いと思いますよ~。
桂浜水族館にいらっしゃる機会があれば
ぜひチャレンジしてみてくださいネ。
イルカもアシカもカワウソも皆、
人馴れしている……というか、人が身近
という感じがします。飼育員さんの愛情
に包まれてのんびり育っているのでしょうね^^
お客さんも動物をおどかしたりしないで
優しくできる人ばかりでありますように。
【2008/04/28 14:21】 | ミンガモ #bMCV.Ml6 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mingamo.blog9.fc2.com/tb.php/198-3dd6f3f6
| ホームへ |
プロフィール

ミンガモ

  • Author:ミンガモ
  • 狼犬・ブリッツェンと蛇と魚、そしてコドモの織り成すドタバタ悲喜劇な日常を、母の視点から淡々と語ります。2009年秋から2ニャンコが加わり、一層にぎやかになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。